徳江かな Blu-ray「ボクのことが好きでたまらない妹」レビュー

徳江かな「ボクのことが好きでたまらない妹」

9

かわいい度

9.0/10

セクシー度

9.0/10

エンタメ度

8.0/10

ムチムチ度

10.0/10

オシャレ度

9.0/10

いいところ

  • 超ド級ムチムチボディ
  • 絡みと動きで肉感強調
  • 小さめ衣装でハミ出しまくり
  • 禁忌を侵すラストシーンがすごい
  • 新味ウェーブヘアスタイル

よくないところ

  • お肌の乱れはご愛嬌
  • お風呂でのイチャつきシーンがちょっと…

新世代ロリムチグラドル、徳江かなちゃんの通算3作目となるイメージビデオ「ボクのことが好きでたまらない妹」のBlu-ray版のレビューです。販売元は竹書房です。

http://idol.takeshobo.co.jp/item/25422/

本ブログで徳江かなちゃんの作品をレビューするのは、本作が初めてとなります。

徳江かなちゃんって?

神奈川県出身、芸能事務所ヴィスカエンターテイメント所属のグラビアアイドルです。

御年19歳。ピッチピチの若手グラドルです。デビュー作「初恋Days」で人気沸騰。私は某ECサイトを眺めている際におすすめされた、やたら寄せて上げている彼女のジャケット画像を見て存在を知りました。

パッと見ハーフに見える濃い目のロリフェイスに、どこをとっても肉感しかないムチムチバディがチャームポイント。特に太ももから腰回りにかけての張りは強烈で、凄い身体をしています。こんな女の子をオタク連中が放っておくわけがありません。

今回初めてBlu-ray版も発売されるとのことで、大きな期待を持って迎えられた本作のタイトルが「ボクのことが好きでたまらない妹」。シスコン丸出しな狂気のタイトル。彼女の作品じゃなかったら買わないよこんなの。

無論、設定は「兄妹」。かわいい妹とイチャイチャしまくるという夢のようなシーンが続きます。こんなふうに言葉にすると穏やかではありませんが、視聴してみるとエグくなりすぎない展開や徳江かなちゃんの振る舞いのためか、普通にイメビとして楽しむことができました。

…そんなことよりも、とにかく徳江かなちゃんの「ボディ」が強烈すぎちゃって…。

各Chapterレビュー

「ボクのことが好きでたまらない妹」のパッケージ画像

「ボクのことが好きでたまらない妹」パッケージ

宮古島が舞台です(多分)。兄妹設定でかなちゃんはお兄ちゃんに対してやたらベタベタする女子高生という役柄です。いくつかのシーンの冒頭にお兄ちゃんの心情が手書きフォントの字幕で描写されます。

かなちゃんの髪型は鎖骨辺りの長さのミディアムヘア、前髪は眉が隠れる長さで厚めに下ろしています。

Chapter1

日差し差し込むリビングでのシーンです。衣装は制服姿。白とグレーのセーラー服にグレーの膝上丈プリーツスカート、黒のソックスに紺のリボンネクタイを締めています。全編制服姿で脱衣シーンが無いのですが、途中で白いパンツがチラリします。髪はまっすぐ下ろしています。

レビュー詳細を読む

「ボクには高校生の妹がいる」。

ソファに座って勉強中のかなちゃんと、向かい合ってアドバイスするお兄ちゃん。「なるほどね。さすがお兄ちゃん!」。頼りにされる描写でいじらしさを滲ませます。

「お兄ちゃんが、私のお兄ちゃんじゃなかったら、付き合ってるよ」。

タイトルシーン後にバニラアイス舐めが始まります。上目遣いで正対しつつ先っちょをソフトにペロペロ。女の子座りから四つん這いに変わり、スカート越しの腰高ポーズ。

反対に向き直ります。腰をクイッと突き出してパンチラ。レロレロしつつスカートめくり上げて太もも・お尻晒し。ふとましい…。

仰向けに移行。俯瞰で自らスカートめくりからの、降下しM字気味の下半身と正対。太ももの肉感がやばすぎる…。

最後はひたすら舐める表情のアップ。キュートな微笑みでシメます。

Chapter2

朝のベッドルームでのシーンです。衣装はピンクと白のボーダーカーディガン一枚姿。下着はノーブラに白と花柄のパンツ。髪は下ろしています。

レビュー詳細を読む

仰向けに寝るこちらに跨って起こしに来たかなちゃん。「お兄ちゃん、起きる時間ですよ〜」。前傾姿勢で揺り動かし。視線は谷間に集中。

なかなか起きないこちらに対して足裏くすぐり攻撃開始。ケツを向けつつ「コチョコチョコチョコチョ〜」。ならばとこちらもお尻をコチョコチョ。つまむ動きでぷるぷる波打ち、腰をクネクネ逃げ惑い。激しいうごめきがやらしい…。

添い寝に変わってくすぐり合い。谷間をちらつかせながら執拗にコチョコチョ。歓声聴かせつつクネクネクネクネ。着衣の上から波打つバスト。

続いてはボディクリーム塗り。カーディガンのボタンを外して両肩露出。羽織っただけの女の子座り姿で「お願い」。片側寄せ気味の髪型が色っぽい。

デコルテへ垂らして胸元を施術。谷間へ指挿し込みヌリヌリ。軽く寄せつつ艷やかバストが接写・煽りでプニップニ。柔い質感がめっちゃソソる。

両脚開いたポーズで太ももへの塗り。後ろ手突いた後傾姿勢に変わって股間丸出し、弄られながら流れる谷間を見せつけ。笑ってはいますが格好がエゲツない。

同じポーズで後ろ向きに。開脚ヒップ&外ももをグニグニつまむように。手が止まるとカーディガンを脱衣。シーツを被せて前傾し流れるようにうつ伏せに。意外な動きに思わず大事なところに釘付け。

お尻へのヌリヌリ。押し込むような手の動きで肉感強調。両脚閉じて、さらに片脚開いてまるまるヒップと太ももへのどアップ。はち切れんばかりの主張。

仰向けに移行。胸元はシーツで隠した「疑似手ブラ」状態に。片脚ねじってバーンと張った裏ももを優しくマッサージ。デカすぎる肌面積が指の動きに併せて四方に波打ち。

バストアップでの胸塗り施術がラストシーン。クリーム垂らした谷間に指挿し込んでムニムニ。手ブラ状態で胸のふくらみが丸出し。笑顔で感謝の言葉を述べて終了します。

絡みで見せるムチムチ感。柔さ全開のChapterです。

Chapter3

再びリビングでのごく短いシーンです。衣装はChapter1と同じ制服姿。こちらは脱衣シーンがあり、白いブラジャーから途中で黄色い面積小さめの三角ビキニへと着替えます。髪は下ろしています。

レビュー詳細を読む

ソファでのんびりしているところに登場。「新しい水着買ったの。見てっ!」。意外と声がハスキー。

似合うかどうか着てみるように提案。素直なかなちゃんは早速脱衣。ブラジャーが生々しい。

「ちょっとお兄ちゃん、あっち見ててよ」。

言われたとおりにそっぽを向くと、「あれこれちっちゃいかなぁ…」。どれどれ…。

黄色いビキニ姿へ早着替え。ハミ出しまくりで明らかに面積足りてない。「ズレたりしないかなぁ…」。

立ち上がりその場ジャンプでズレないか確認。接写で胸ユッサユッサ。「うん、大丈夫だね」。いやそういう問題では…。最後に今度海に行く約束をして終了します。

Chapter4

洗車から車内でのシーンに続きます。衣装はオフショルダー気味の白Tシャツにデニムの超ミニフレアスカート。普通にしててもパンツ丸見え。脚元は赤いビーチサンダルを履いています。水着は上下共水色と白のボーダーのホルターネックブラとパンツ。髪型はツインテールです。

レビュー詳細を読む

ドアを開いて後部座席を掃除するかなちゃん。「終わったら、海連れてってね」。大きく乗り出してパンツ&太もも丸出し。さらにアップでまん丸ヒップのド接写。カメラが車内に移動して引き続きゴシゴシ。四つん這いで垂れ下がった胸がぷるぷる。

スポンジを持ってボディを洗います。ドア洗いでダラシなく広がった襟ぐりから谷間チラチラ。続いて屋根洗い。ジャンプでスカートひらひらさせつつぷるんぷるんのお尻・太もも注視。

手伝わないお兄ちゃんがホースの水を浴びせるイタズラ。「やめてよお兄ちゃん」。ビショビショで逃げ惑い壁際へ。こちらを向いてTシャツ・スカートめくり、濡れる胸・もも・股間・お尻を順にアピール。

自らホースを手に取ります。タイヤに片脚掛け股間を強調しつつ水浴び。煽りアングルで後ろから前から、肉感あふれる瑞々しいカラダを見せつけます。

車内へ移動すると同時にペロペロキャンディ登場。濡れたまんま後部座席で「チュッ、チュッ」。見つめる表情が美形そのもの。

カメラが腰と正対する構図に変わると両脚を掲げ、前席に掛けるポーズに。見ろと言わんばかりのどえらい格好で裏もも・股間を披露。

横へ寝転びます。唇で咥えつつ胸をムギュッと寄せから、はちきれそうな太ももと股間のアップへ。最後は胸から表情へのアップのシーン。ソフトにペロペロしながら微笑みを覗かせて終了します。

Chapter5

海でのシーンです。衣装は全編水着姿。上下ともに黄色のホルターネックブラとパンツ。Chapter3で試しに着用していたもので、パンツも少々面積小さめ。髪は下ろしています。

レビュー詳細を読む

元気に抜けるような海へと駆けていくかなちゃん。「お兄ちゃんもこっちおいで」。潮の満ち引きに呼応して行ったり来たり。いやしかし、バックショットでの下半身の重量感がとんでもない…。

砂浜へ戻って日焼け止めを塗ります。まずは胸元。谷間から横から二人仲良くゴシゴシヌリヌリ。上下左右に揺れまくるバストを接写で確認。

煽りニーショットに変わってお兄ちゃんはふとましい外モモヌリヌリ、かなちゃんは胸を擦るように。パンツの面積足りてないって…。

振り返ってケツ。弄るように塗りまくるお兄ちゃん。ぶるんぶるんぶるん…。パンツの食い込んだ上向きヒップの丸みが凄い…。

改めて海へと向かいます。浅瀬でバシャバシャ元気に水の掛け合いから、腰を下ろして胸元へ水浴び。アンダーバストを突き上げてぷるぷる。

グーッと反らせたアザラシのポーズに。カメラはお尻へとフォーカス。パンツが食い込んで溢れ出す尻肉。こんもり膨れ上がってぷるんぷるん。

立ち上がって砂浜ダッシュ。肉肉しいお尻たぷたぷ…。横に回ってハミ乳ぷるぷる…。正面から捉えて谷間と太ももとお腹もちょっとぷるぷる…。

崩れるように砂浜に腹這いになると砂かけ攻撃。下半身がみるみる砂まみれに。浴びながら片脚を開くポーズに移行し股間強調。裏もも・尻肉がぷるんぷるんでけしからん。

水着の中に入った砂を取る為に、首の紐を自ら解くかなちゃん。屋外だぞ…。ペットボトルの水を手渡し「かけて」。怒ってる風情なのか、それともまぶしいのか、目線がちょっと厳しめ。

疑似手ブラ状態で水浴び。グニグニしながら女の子座りで股間と正対、さらに片手四つん這いでU字の胸を危うくアピール。後ろへ回って突き出したお尻へ水ポタポタ。艷やかになっていく食い込みヒップをジーッ。

砂浜を歩きながら、「帰ってシャワー浴びないとね」と前フリをして終了します。

小さめ水着で見せるド迫力ボディの印象が強烈なChapterです。

Chapter6

お風呂でのシーンです。衣装はピンク地に花柄のチューブトップブラとパンツ。ブラの縦幅狭め。髪型はポニーテールで、触覚を下ろしています。

レビュー詳細を読む

先にこちらが湯船に浸かっているところに妹乱入。膝を抱えて仲良く入浴。浴槽が狭くてキッツキツ。早速パシャパシャと水の掛け合う愛嬌シーン。チークが目立って見える印象で愛され感が増しています。

振り返ってお尻見せ。浮き沈みするぷりぷりヒップのどアップ。続いて縁へ乗っけたバストへフォーカス。これ見よがしのプニプニ。ジッと見つめる表情が激甘。

身体の洗いっこを提案。立ち上がったお兄ちゃんが脇に泡々の指突っ込み、妹は「あのあたり」。デリケートゾーンを弄られて、上目遣いでモジモジ。調子に乗り出す兄が執拗に脇ゴシゴシ。身悶え止まらぬ妹。異様なまでのベタベタっぷり。

暴走する兄。しゃがんで胸へと顔(カメラ)押し付け。泡付きバストがベチョベチョ〜。「やめてよお兄ちゃん。いやっ…」。

逃げるように浴槽の縁へ腰掛けます。片脚掛けて股間見せつつ太ももを洗われるかなちゃん。負けじと弄る兄の腕を両手でゴシゴシ。M字開脚に変わり堂々見せつつ一心不乱に洗い合う両者。うん、あの、何というか…。

最後は背中からお尻洗いへのシーン。浴槽を横切るように座り、俯瞰アングルで腰にかけての曲線美。縁にドッカと乗っかるお尻のどアップでシメます。

Chapter7

夜のベッドルームでのシーンです。衣装はグレーのリブニットノースリーブセーター。いやが上にも胸が強調されます。ボトムスはえんじ色のタイトなミニスカート。下着は上下とも黒のブラとパンツ。黒のストッキングを履き、大人っぽい印象です。髪は下ろしています。

レビュー詳細を読む

友達との食事から帰ってきたかなちゃん。登場するやいなやベッドにバタン。ボディラインの浮き出る衣装で肉感マシマシ。

お疲れの妹にお兄ちゃんがマッサージ。こちらに伸ばした脚を揉みほぐします。ふくらはぎからモミモミモミ、膝曲げ裏ももモミモミモミ。お肉グニュグニュ。

続いては肩もみ。立ち上がるこちらを見つめる構図。常套句「暑くなってきた」と告げ胸上まで裾めくり上げ。push upされたロケットバストを露出、同時に表情が艶やかに。両サイドをグニグニ弄り。相当やらしい。

腹ばいになって裏ももからお尻を施術。グイッグイッと押し上げながらスカートたくし上げ。まん丸黒タイヒップを大写しで押し込みぷるるんっ。片脚曲げて視線を誘導。ムニッと歪む尻肉。

四つん這いに変更。見返って見つめる困り顔がソソる。ストッキングを脱がし突き出すお尻ペロン。パンパンの幅広球体をグイグイ指圧。真っ正面から捉えてクネクネ誘惑。

最後は仰向け姿に。半脱ぎストッキングを片脚だけ脱衣し股おっぴろげ。全身脱ぎかけのあられもない姿に。甘さ控えめの目線で見つめてくるかなちゃん。

バストアップで胸モミモミ。微笑みながら受け入れるように両腕掲げ。両サイドから挟み上げて谷間がムギュムギュ。感謝の言葉を述べて終了します。

Chapter8

何処ぞの喫茶店でのシーンです。衣装は上下ともピンクの下着。トップスがチューブトップの様なカップにストラップが腕へと伸びる変形ブラで、着崩したように見えます。ボトムスはフリルのショーツと面積小さめパンツの重ね着。白のニーハイソックスを穿き、首元には花柄のチョーカー、白のハイヒールサンダルを履いています。髪型は下ろして外ハネスタイルで、白のメイドカチューシャを付けています。

レビュー詳細を読む

かなちゃんのバイト先でのシーンで、本作中で唯一先輩視点で描かれています。

閑古鳥鳴く喫茶店でテーブル拭きをするかなちゃん。「先輩今日ホント暇ですね」。前傾姿勢でゴシゴシ拭き。こぼれそうな胸がぷるぷる。

お尻を向けてカウンターを拭いているとハンディモップ登場。お尻突っつく先輩のイタズラ開始。「先輩何するんですかやめてください」。機敏なリアクションが可愛い。

逃げ惑うかなちゃんをしつこく突っつき。膝立ちでお尻・太もも、四つん這いで胸突き上げ。ぷるんぷるんぷるん。

背もたれへ向いて椅子に跨りモップ攻撃。執拗なくすぐりに大股開いたまん丸ヒップがグニグニうごめく。

フリルのショーツを半脱ぎでパンツ露出。面積…。テーブルに寝て両脚掲げ大事なところを見せつけ。若造とは思えぬ攻めの姿勢。

モップの柄でお尻・裏ももを突っつきます。柔さを確かめるようにツンツンぷにぷに。こちらを眺めながら突っつきにクネクネモジモジ反応するかなちゃん。生々しさ漂うリアクション。

最後はバストアップで胸攻め。トントン叩かれながらギュッギュッギュッと寄せて柄を挟み込み。完全にアウト。こちらを見つめながら「先輩、恥ずかしいです」とのセリフで終了します。

Chapter9

バスケットコートでのシーンです。衣装はブルーのホルターネックビキニ姿。ブラのサイズがモロに足りずにハミ出し気味。脚元はコンバースの白スニーカーを履いています。髪型は位置低いポニーテールです。

レビュー詳細を読む

「お兄ちゃん、起きて」。

妹の呼びかけに目を覚ますとこちらに跨る姿が。Chapter2と同じカーディガンにシチュエーション。「今日さ、休みなんだからバスケしに行こうよ!」。

バスケットコートへと移ってまずは準備運動。股割りポーズで身体を倒してストレッチします。嫌でも股間に目が行く。前傾し丸み晒した横乳のアップ、後ろに回ってクーッと食い込むお尻。

プレー開始。ダムダムドリブルからシュートを繰り返します。素っぽいリアクションにホッコリしつつ、全身のお肉が激しく波打つ。横から眺めるとなかなかの重量感ですね…。

こちらを向いてにこやかにパス交換。動きの度にお肉が反応。太もも・お腹・胸がぶるぶる…。横に回って弾む横乳、さらにアップでお尻たぷたぷ。

向かい合ってドリブル。ハンドリングが様になっててカッコいい。左右にフェイントで胸がうごめく。

背を向けひたすらシュート練習。勝ち気なかなちゃんは「お兄ちゃんには絶対負けないんだから。見てろよ!」とまくし立てる。ぷるんぷるんのお尻を仰ぎ見る構図。「シュートだけなら入るんだよ」とやけに強気。

俯瞰アングルで向かい合いゆったりにこやかにドリブル。ハミ出す胸の丸みとぷる揺れが凄い…。

腰を下ろしてポーズを取ります。まずあぐらをかいてボールを抱えおっぱいグニからの、つま先でボールを転がし幅広裏もも・大事なところチラチラ。光を浴びて輝く笑顔がステキ。

最後は横向き寝姿でお尻と裏もも見せ。グイッと迫って肉厚臀部が大写しに。「暑いし、プール入りに行く?」と前フリをして終了します。

Chapter10

小ぶりな屋外プールでのシーンです。衣装は水色に白の水玉模様のホルターネックハイレグモノキニビキニ。身ごろがV字カットで谷間さらけ出し状態。髪型は下ろして顎のラインからウェーブさせたアレンジです。

レビュー詳細を読む

遠目に海を望む庭先のプールに登場。早速浸かって「気持ちい〜い。お兄ちゃんも早くおいで!」。毛先を巻いたスタイルは新鮮な印象ですが、なかなか雰囲気があってステキ。

ぴょんぴょん跳ねながらビーチボールを投げ合います。バンザイポーズで脇見せつつ水面からハミ出しバストがぷるぷる。日差しで輝く素肌。

水中カメラの映像に変わってお尻見せ。ぶるんぶるんと波打ち。続いてビート板の要領でビーチボールに掴まりバタ足、尻からももまでぷるっぷる。横につけて見せるリラックスした微笑みが良きかな。

プールから浅瀬へジャンプで乗り上げる動きを繰り返します。バックショットで食い込む丸尻、横から捉えてぷくっと膨らむバスト。さらに乗り上げ足漕ぎシーン。ムニムニうごめく尻肉がけしからん。

プールサイドでビーチボールに大股開いて跨ります。グッと胸寄せつつこれ見よがしにクネクネ。徐々に陽の当たる角度に変わってボディがキラキラ。水濡れでみずみずしさもアピール。

立ち上がっての煽りニーショットがラストシーン。伸びをして脇見せつつお肉が強烈にハミ出す胸・尻見せ。こちらを眺めながらゆっくりフレームアウトして終了します。

Chapter11

リビングで結ばれる最後のシーン。衣装はChapter1,3でも着用した制服姿。下着は上下とも白のブラとパンツ。髪は下ろしています。

レビュー詳細を読む

ソファに座っていると何やら思案の表情のかなちゃん登場。学校で告白されたという。「でもね、私断ったの」。

「私、お兄ちゃんのことが好きだから」。

「…駄目?」。

思わず口づけを交わす二人。禁忌と感情のはざまで揺れるかなちゃん。決意を思わせる目線で見つめ合い、もう一度キス。

「…いいよ」。

自ら露出したバストを揉みしだかれます。両脇から優しくグニグニ。制服とブラストラップを下ろされ、より扇情的に。上目遣いでソソりまくり。

振り返ってスカート脱衣。四つん這いで突き出したお尻を撫で回し。俯瞰、そして正面からまるまるヒップの大写し。

腹這いで片脚開いたポーズに移行。ムニッとした肉感がやばい…。見返りながら太ももを弄られるかなちゃん。いやらしさがドンドン増していきます。

仰向けになって俯瞰全身ショット。良からぬ妄想促す膝抱えポーズ、さらに片脚開いて誘いまくり。生々しい下着姿に背徳感全開。

ラストショットはバストアップで胸弄り。グイッと持ち上げられムニムニうごめく谷間。誘うような目で見つめた後に、手を取って「大好きだよ」と告げて終了。エンドロールを迎えます。

まとめ

イチャつきで魅せるムチムチイメージビデオです。

妹役のかなちゃんが、大好きな兄とベタベタ、イチャイチャする姿を描いています(バイト先の先輩視点のシーンもあります)。

イチャイチャ、と言っても恋愛関係の二人が絡み合うといった雰囲気はあまりありません(当たり前)。妹の無邪気なハシャギや兄のイタズラという体で胸やお尻、太もも等のパーツを触ったり、揺らすために絡むのであって、表情も笑顔が中心。やっていることはともかく、エッチなムードというのはさほど感じず、あくまで健康的な印象です。

そうは言っても危うい設定なのは間違いなく、二人称はもれなく「お兄ちゃん」。制服姿やチークの目立つ表情で甘えたり、上目遣いで見つめてきたり…。正直、「ヤバいもの観てる感」は漂っています。

しかしながら、観ていて嫌悪感を催すほどではありませんでした。かなちゃん自身声がちょっと低めで、トーンも割とハキハキ、サバサバ。セリフとは裏腹に兄に依存している様子は感じないためか、案外すんなりと観られる印象です。

良かったところ

まず第一にド迫力ボディの印象が凄いです。上から下まで正しくムッチムチの身体をしています。

一口に「ムチムチ」と言っても、その実色んなムチムチがあってですね(イミフ)、例えて言うと橋本梨菜ちゃんだったり、犬童みのりんに代表されるような、作り上げた「ムチムチ」感。お腹は締まり、セルライト皆無の太もも、それでいて出るところは出たカラダ。スレンダーとはまた違う、たゆまぬボディメイクで手に入れたギュッと身の詰まった「ムチムチ」というのが存在します(伝わってる?)。

…が!、

徳江かなちゃんのボディは明らかにそういった類とは一線を画しています。過剰過ぎる肉付き、締まり控えめのカラダ。見ようによってはダラシなく見えてしまうくらいの「ムチムチ」っぷり。しかしながら、これがまた女性的なエロさを感じさせてたまらないのです…。

最も顕著に現れてるのはやはり「お尻」と「太もも」。バァーンと幅のある腰にぶら下がる、異様なまでに丸みと重量感を帯びた尻肉、そして締まり0、余分なものがつきまくったもも肉…。たっぷんたっぷんの下半身は魅力タップリ。そのためにただ立っているだけのバックショットでも魅せられてしまう説得力を備えています。

本作ではそんなお肉を際立たせる仕掛けが満載です。走り回ったり、マッサージしたりされたり、突っつかれたり…。胸・尻・太ももをいじめまくって肉感演出、ぷるぷるしまくっています。胸への施術では谷間や脇に指突っ込み、内ももの際は股おっぴろげ、お尻見せでは片脚曲げるポーズでグニ感を際立たせるなど、まるで容赦はありません。最も強烈だったのはChapter2。危なっかしいカーディガンに指突っ込んだり、寝姿でお尻を揉みしだかれたり…。ソフトなプニプニ感を見せつけています。

衣装も終始攻めまくり。前述のChapter2のノーブラカーディガン、6のチューブトップブラ、8のメイド風下着姿、9のサイズ間違いブラに10の谷間・横乳晒しハイレグモノキニなどなど…。際どい衣装でボディを惜しげもなくアピールしています。

極めつけが5の三角ビキニ。形こそオーソドックスなものの、上も下も面積小さくて横からお肉がハミ出しまくり。そんな格好で走り回ったり日焼け止め塗ったりポーズを決めたりするんですからもう大変…。超ド級ボディを晒しまくって相当なインパクトがありました。

タイトルを見ても分かる通り、本作は「シスコン」がテーマ。兄妹同士がイチャつくという不穏当なシーンが続きます。とは言うものの多くのChapterでは恋愛感情を匂わせることはなくて、あくまで悪ふざけやマッサージの体で進行。ギリギリのところを突いています。

しかし最後の最後にやってしまいました(Chapter11)。妹から告白した後にキス、ソファの上で胸やら尻やら弄られ、目線やポーズで誘いまくり。ダメダメ完全アウト〜、と言いたいところですが、本作中唯一マジに誘惑するかなちゃんの姿に釘付け。理屈吹っ飛ぶエロスパワーに「これが観たかった!」と完全に魅せられてしまいました。

ヘアスタイルに関して言うと、まっすぐ下ろしたり外ハネしたりポニテやツインテにしたりと多彩にアレンジ。その中でもChapter10で披露している毛先をウェーブさせたスタイルが印象に残りました。すぐプールで濡れるので綺麗にパーマを見せてくれるのは冒頭のみですが、短い間に覗かせる横顔には色気がジワリ。濃い目の顔立ちに映えています。

うーん…と思ったところ

どうしても気になるというほどではないですが、若さの代償と言うべきか、胸の谷間やお尻にはちょっと肌荒れの様子が…。

またChapter6のお風呂で洗いっこするシーンは流石にちょっと…。

次はもっと、穏やかな感じで…。

一番印象に残ったChapter

Chapter11。

アフィリエイトリンク(DMM.com)

ボクのことが好きでたまらない妹/徳江かな (ブルーレイディスク)

DMM動画リンク

ボクのことが好きでたまらない妹 徳江かな

参考にしたページ

http://idol.takeshobo.co.jp/item/25422/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E6%B1%9F%E3%81%8B%E3%81%AA

http://www.visca-e.com/contents/model/model-123

http://ascii.jp/elem/000/001/669/1669435/index-2.html

ブログランキングサイトリンク

人気ブログランキングへ